朝から自習に励む  池田附属 宝塚 1着 2着

例年以上の暑さですが、今年だけ「入試はありません」となるはずはなく、
いつも通りの受験勉強が続いてます。


南口校では、今日も朝から生徒たちが自習に励んでいます。

本日の一等賞は

附属池田高校3年生

二等賞は

県立宝塚高校3年生

でした。

先を見過ぎないで、目の前の勉強を一歩一歩。それが一番近道です

なお、志望校へ続く道はUGI側がしっかり案内します

タグ

, ,

2018年8月 3日

学習塾UGI塾長 (12:32) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾のできごと

京都大学へお出かけ ~平成30年度京都大学交流会~

高校の先生方等との意見交換を目的とした京都大学交流会、というものに参加してきました

入試の説明もさることながら、

各学部ごとの分科会がとても興味深かったです。


何がかというと、

話の内容以上に、話の伝え方がとても面白かったです。

あのような先生方の講義がきけるなんて、やっぱり大学っていいところですね。

その他、

ふと頭に残った点は、「反転授業」というワードです。

京都大学が反転授業をする・しない、という意味ではありません。

「反転授業」していませんか?という問いかけが京都大学側からあったのですが、

反転授業は、学生の立ち位置(学力?質?やりかた?)が授業効果に大きく影響がでるので、京都大学を受験しようとする生徒が一定以上いる高校では、さぞかし面白い授業ができるんだろうな、と。

(蛇足だったかな)

【一般入試、特色入試】

学部別説明:

総合人間学部
経済学部
理学部
文学部
医学部医学科
薬学部
教育学部
医学部人間健康科学科
農学部
法学部
工学部

タグ

2018年7月22日

学習塾UGI塾長 (18:02)

カテゴリ:大学受験

卒業生の活躍

近くのカフェでふと目が合った女の子(いや、女性)。

ん、見覚えがあるかな?と、考える間もなく、向こうから会釈してくれました。

そして、その笑顔で記憶がつながりました。

もう、10年も前になるであろう元塾生。

今年が社会人一年目。

当然苦労はしているようです。

でも、

自分が好きだった業界で働けて、活き活きと輝いて見えました

心斎橋店、よろしくです

バレエのお店

タグ

2018年6月 8日

学習塾UGI塾長 (19:26)

カテゴリ:徒然

オープンスクールの時期になりました

入試が終わったと思っていたら、すでにオープンスクールの時期ですね。

新しく受験学年を迎えた方にとっては、進学先を知るいいチャンスです。


さきほど、某県立高校の先生が、オープンハイスクールの案内にお立ち寄りくださいました。

早速、塾生に案内します。

ホームページでも申し込みできるようです。


宝塚西高校オープンハイスクール

タグ

2018年5月15日

学習塾UGI塾長 (16:10)

カテゴリ:

兵庫県公立高校 合格発表日

本日、平成30年3月19日は

公立高校入試(学力検査といいます)の合格発表日でした。

10時になると、

校門の外までもれるほどの歓声。

私は、塾で生徒からの連絡を待つのではなく、気になる高校付近にて待機しておりました。

(そこまで声が聞こえてきました)

***

進路報告会は13:30から実施

でも、13時には次々と生徒たちが到着。


よろこびの「第一志望に受かっていました♪」との報をたくさん聞くことができました。

電話よりも対面の方が、やっぱり嬉しいです。


合格おめでとうございます!

タグ

, , ,

2018年3月19日

学習塾UGI塾長 (22:39)

カテゴリ:高校受験

公立中学校卒業式

市内中学校では本日が卒業式です。

みんなそれぞれに思い出があることでしょう。



そして、その式を見守る親御さんたちにも、それぞれの思いがおありかと存じます。



心配していたお天気ですが、いまのところ雨はふっておりません。

よかったです。

タグ

2018年3月 9日

学習塾UGI塾長 (09:38)

カテゴリ:徒然

京都大学入試ミス NHKから電話

夕方、塾に電話がありました

まぁ、それ自体は普通のことなんですが。

***

タイトルの通り、「NHKの○○と申します」との電話でした。

サッカーがらみで取材を受けることはありましたが、

塾に電話があることはなく、始めは「???」でしたが、どうやら京大入試ミスについて、広く問い合わせをしていたようです。

京大合格者(京大受験者)がいそうな塾に、該当者がいるのかいないのかを確認したいとのこと。

当塾ホームページを見て電話された模様です。

季節柄、

(あぁ、体調不良で授業お休みの電話かな・・)と思って受話器をとったので

なかなかなサプライズでした。

幸か不幸か今回の追加合格者はおりませんでしたが、

約20名の該当者は既に自分が「合格者」であることを知っているんでしょうか?

また、

それを聞いて、どう対応するのでしょうか?

大変なことに巻き込まれた当事者にとって、

今回の合格通知が、今後の道を良い方向へと変えるものであることを願っております

参考)

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180201/4910262.html  (京大入試ミスで17人が不合格 NHKニュース)

タグ

, , ,

2018年2月 1日

学習塾UGI塾長 (22:13)

カテゴリ:塾のできごと

試験前夜

言いたいことは毎年同じ

努力してきたものを全て発揮できますように(祈)

*

*

力を発揮するためには、

「○○点取る!」「▲▲の科目は得意だから、得点源だ!!」

などの 「余計な意気込み」 を忘れ去ることです。

本番では、

一問、一問と、問題に取り組むのみ。

試験中は、自分で自分にプレッシャーをかけてはいけません。

余計な意気込みは悪いプレッシャーとなります。

*

「どうしよう、このままだと目標点数とれない!」 ⇒頭が真っ白に!!

 でも、みんな難しく感じてるかもしれませんよ(平均点が低い)

「得意科目なのに、さっぱりできない!」 ⇒焦りが焦りを呼び、ミス連発!

 そんなこともあります。合計点が重要ですよ

*

試験が始まったら、

目の前の問題を解くのみです

自分で自分を縛らないように

タグ

, , ,

2018年1月12日

学習塾UGI塾長 (21:27)

カテゴリ:塾長ブログ

センター試験に挑戦

授業終了時のことです。

某県立高校の2年生が、キャンペーン中の無料映像授業を終えて一階に降りてきました。

解答・解説を手渡し一緒にチェックすると、意外に間違っておりました。

チェック前は「簡単やった」と言っていたのに、いざ解いてみると。。。。あかんがな

そこへ、

同級生が駆け寄り?

あ~だ、こ~だ、と二人で問題解き直してました。

そこで私から提案!

「1月のセンター試験、数ⅠAと英語は二人で勝負ね♪」

この科目なら、高校2年生でも十分立ち向かえるはずです。

さて、何点取れるかな?

***
学校負荷との共存をどう図るか?!

それが彼らの在籍している高校では非常に重要なポイントなんです。彼らだけではなく、ここの高校に通うどの生徒にとっても。


自分の現在の「ちから」を知り、
自分だけの対策を(ちょっとでもいいから)始める。

とてもとても大切なことなんです

タグ

, ,

2017年12月22日

学習塾UGI塾長 (22:33)

カテゴリ:塾のできごと

ちから

~皆様の力になるために~

保護者面談(大阪桐蔭)

保護者面談(関西学院初等部)

保護者面談(県立伊丹北高校・塩瀬中学校)

生徒相談(宝塚西高:定期テスト対策)

保護者面談(宝塚第一中学校)

生徒相談(既卒:私大受験スケジュールの考え方すり合わせ)

保護者面談(県立宝塚西高校)

保護者面談(県立三田祥雲館高校・宝塚中学校)

生徒相談(御殿山中学:公立入試志望校)

生徒相談(市立西宮高:オープン返却・振り返り)

生徒相談(御殿山中学:冬期講習について)

生徒相談(三田祥雲館高:数Ⅲ履修と大学入試)

喋り過ぎ?
でも、

私にとって、力が湧く時間でもあるんです。

疲労はあれども、充実感もある。

いい一日でした

タグ

, , ,

2017年12月 8日

学習塾UGI塾長 (18:36)

カテゴリ:塾のできごと

このページの先頭へ