平成 29 年度 通学区域の状況について の資料

兵庫県教育委員会が

平成 29 年度 通学区域の状況について と題して、

複数志願導入後の通学区域をまとめたものを発表しております。

http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/kisya29/2906/290622koukou4.pdf

旧学区外からの受検者数がどれだけいるのか(例:宝塚市に住んでいるが、旧学区外である伊丹の高校を受けた人)を調査したものです。

(補足:細かく述べますと、どこに住んでいるかを出身中学校別に集約することで取りまとめています。)

全体的な傾向として、年を追うごとに旧学区外へ出ていく受検者が増えています。

第2学区でも、18・2%(前年は16・3%)と約2%のアップです。

高校の情報が、中学生たちや中学校に伝わってきたためでしょう。

**

資料を眺めてみると、全体的な傾向=旧学区への移動、の中身が少し見えてきます(以下、第2学区について)

旧学区内で収まる(宝塚の中学校から宝塚市内の高校へ進学)割合が、伊丹・西宮・丹有が84%~88%である一方、宝塚・尼崎では10%強小さく、72~75%です。

ということは、宝塚の高校は、他市からの生徒が多い、となりますね。

あれ?

宝塚は山の上にしか高校がないので、出ていく生徒は多いけれど、入ってくる生徒は少ないはずでは??

(そんな噂を耳にした方も多いと存じます)

**

なぜ、他市からの生徒が多いのか、

この要因の一つは「西宮市立塩瀬中学校出身者」です。

旧学区の頃より、塩瀬中学校はその立地の影響で、宝塚学区の高校を受けることができました。

従い、距離的な理由もさることながら、今までの延長で宝塚市内の高校を受ける方が大勢いるのです。

この春も、宝塚北高校だけで29名が進学しています。(3学年だと102名だそうです。御殿山中学からの128名に次いで2番目の多さ、総数952名の約11%にあたります。

宝塚東高校の場合、3学年合わせて60名が塩瀬中学校出身者(生徒総数941名)。長尾・安倉・南ひばりガ丘・宝塚に次いでの5番目です。※宝塚東高校は「東」と付いている通り、宝塚市内の高校のなかで、西宮市からは一番遠いところにあります。

**

実感としては、やはり宝塚市は市外からの流入より、市外への流出の方が多い気がします

例えば、御殿山中学から市立西宮中学校を受ける生徒はいますが、西宮市から宝塚北高校を志願する生徒については、あまり話にあがりません。

ちなみに、昨春、宝塚北高校に進学した、西宮市立中学校生徒(塩瀬中学校除く)は7名(甲陵中)が最多のようです。

**

学区が広がり流動性があがった分、余計に「地理的な通いやすさ、通いにくさ」の影響がでている、そんな気がします。

当然と言えば、当然ですね。

でも、

今まで選べなかったものが選べるようになる。

受検生たちにとっては良い話ですね

補足)

・川西市は、旧の伊丹学区です(教育委員会の区分では、川西市と伊丹市を合わせて伊丹学区としていました)

・公立高校の3月の入学者選抜は、「学力検査」と呼称しますので、"受験"ではなく"受検"と表記されることが多いです

タグ

, , , , , , ,

2017年6月27日

学習塾UGI塾長 (00:50)

カテゴリ:高校受験

受験勉強の側面

受験シーズンはまだあけませんが、

受験勉強はすでに始まってます。

特に、夏休みはまとまった時間がとれるチャンスですので、しっかりと取り組んでほしいものです。

ちなみに、

「夏に頑張る!!」と言っている受験生より

「ちょっとでもいいから、今から進める!」と言っている受験生の方が

志望校合格は近くなります

夏は「暑い」ですよ。

高い集中力をもって長時間勉強するには、それなりの工夫が必要です。

それより、(少しでもいいから)今できることをやりましょう

さて、

本日のテーマは、そんな受験勉強の「側面」です

なんのために受験勉強をするのか?

もちろん、志望校に合格できる学力をつけるためです。

例えば、

 ・中学1年生で習った地震(理科)の問題が解けるように

 ・苦手な空間ベクトルの演習量を増やすために

 ・四字熟語を含めた語い力の強化

など、点数をとるための勉強ですよね

しかし

視点を変えますと、

勉強するための準備

例えば

 ・スマホをいじる時間を減らす

 ・自習室を利用してみる

 ・やると決めたことは時間がかかっても終わらせる

など、

受験勉強を通じて身につくことがいくつもあります。

例年、中学3年生を見続けていると、このことが非常によくわかります。

いつわかるのか?

それは、無事に志望校に合格し、高校生になってからです。

いい受験勉強をしてくれた生徒たちは、高校進学後もちゃんと「勉強」ができるものです。

塾の授業があるから勉強してきた、生徒であれば、そうはいきません

でも

勉強の仕方を体得してきた生徒は、自分で勉強することができるようになるものです。

先日来ていた生徒と話をしていて、改めて感じました。

「勉強」ですので、強いられる部分があることを否定しません。(人によってはそうでもないのですが。)

しかし、

受験を通じて、勉強との付き合い方をうまく身に着けることは可能です。

そんな成長をしてくれる生徒たちが、今年も大勢いるといいな

(いや、そうなってもらいます!)

タグ

, , ,

2017年6月15日

学習塾UGI塾長 (16:23)

カテゴリ:塾長からのお知らせ

中3 入試対策数学 新コースへのお問い合わせ

お問い合わせをいただきました

校入試対策コースの体験をさせていただきたいのですがコースは難しいでしょうか?
まずは通常授業の体験の方が良いか、悩んでいます

 

●回答です

6/3(土)の融合問題対策コースの無料体験授業ですが、レベルを見ていただくためにもぜひ受けてみていただきたいと存じます。

公立高校入試に特化した対策講義となっておりますが、もちろん初めから難しい問題を取り扱うわけではありませんし、未修分野から出題することもありません
入試問題(より良質な問題)に慣れること、そして入試数学を解くための考え方を習得して対応力を身につけてもらうことを大きな目的としておりますので、公立高校を受験するお子様にはぜひ受講していただきたい内容となっています。

もし、体験授業を受講なさった後に「レベルが合わない」と感じられた際には、個別授業の体験を段取りさせていたきます

タグ

, ,

2017年5月26日

学習塾UGI塾長 (22:07)

カテゴリ:高校受験

大学入試新テスト実施案

本日、文科省から大学入試の新テストに関して、実施方案と問題例が公表されました。

この件に関しては、今までは噂が先行していたと感じていましたが、

今回の公表内容は、噂ではなく実際に(具体的に)どうなっていくのかを予感させるものでした。

細部まで目を通せておりませんが、

シンプルに感じたことは

これ、今の中学3年生たち(の一部?大部分?)にとっては

「読み切れない。。。」

読む力の不足です。

いえ、国語だけの問題ではありません

武将の銅像の問題=【数学】についても、生徒達の読む力の不足を感じます

もちろん、3年たてば成長もするでしょう。

しかし、、、、

****

少し脇にそれますが

兵庫県公立高校入試の数学の問題には、(理科にもその傾向はありますが)

解くために直接必要ではない文が問題文全体のなかに混ざっており

結果、一つの問題文が長い(語数が多い)ものとなっています

もちろん、無意味に長いわけでなく、

しっかりとそこから活用することが求められているのですが、

塾の現場で中学生たちに学習指導している(乱暴に言うと、入試で点をとらせる)身としては

そもそも問題文が読めるかどうかで

数学の点差がついちゃうなぁ

と、いつも思っています

****

話を大学入試に戻します

今の中学3年生たちは、先輩たちとは違い、

記述式にそなえるために

まずは読む力を鍛えるべきです。

えっ、

「記述式だから『書か』なきゃ」

と感じた君は

・十分に読む力がある か

・読む力が不足しているくせに、慌てて何かを書こうとしている か

どちらでしょうか?

去年の中学3年生には、語彙のテキストを配布しました。

そもそも言葉数が足りてません。

今日は

新テスト例を見ながら、

今の中学生たちの読む力のなさを心配した次第です。

求められてるのは例えば「物事を数学的に表現する力」だったりするのですが

そこに至るためには、まず、「読んで、わかる」

これ、大切です

補足

もちろん、そんな生徒たちばかりではないですよ。

でも、今までそれで通用していた(結果的に大学合格していた)中学生たちと

今の中学生を比べると

「読む力」の対策をするかしないかは大きなポイントでしょうね。

【参考】公立高校 入学者選抜学力検査 出題のねらい

「活用する思考力、判断力等基礎的な学力についての検査」

「身近な事柄や学校生活及び日常生活に関連した事象や現象等を取り上げ」

(兵庫県教育委員会資料より 出題のねらいを一部抜粋)

『抜粋』 学習塾UGIホームページより(高校入試対策 数学

兵庫県公立高校入試の数学は、なかなか手強いです。実際に問題を見てみると、単純な計算問題は第一問の小問7つ程度で、第二問からは「これ本当に数学の問題?」と思ってしまうような長文問題(問題の設定を説明する導入部の文章が長い問題)が最後まで続きます。特に数学が苦手な生徒なら、その長文を読むだけでお手上げ状態になってしまうほどの文章量です。

タグ

, , ,

2017年5月16日

学習塾UGI塾長 (20:09)

カテゴリ:高校受験

ひと段落 から

ゴールデンウイークが終わり、どの年代も新学年の落ち着きがでてきました

一番のんびりなのが、当然小学1年生、

意外に早く落ち着くのが、中学2年生です。

高1、中1は、学校が変わりますから、結構時間がかかりますよね。

高校3年生は、受験生としての行動(自覚?)が始まるのが早い方ほど、ドタバタとしていきます。

落ち着いている生徒は、困ったことに受験生としての意識が低いか、2年生から受験勉強をスタートさせているか、の2極です。

1月の私立中学入試とセンター試験から

3月の公立高校入試まで

いや、

大学の推薦入試をあわせると、年の半分近くはなんらかの入試シーズンです。

入試という、その「試し」をくぐり抜けた生徒たちが

どう「着地」したのか、

そこが気になる4月でした。

タグ

, , , ,

2017年5月 9日

学習塾UGI塾長 (21:05)

カテゴリ:徒然

小中一貫教育

少し前のニュースですが、
その見出しに「神戸市立義務教育学校港島学園」とありました。


義務教育学校??

聞き馴染みありますでしょうか?

これは、
小中一貫型の学校ではあるんですが、

小学校と中学校が連携しての小中一貫ではなく、
一つの学校として9年間が設定されています。
(連携教育の小中一貫では、それぞれがひとつの学校です。それぞれに校長先生がいます)

つまり、
 ・小学校
 ・中学校
 ・義務教育学校

と、新しいくくりなんです

例えば
 ・宝塚小学校(実在)
 ・宝塚中学校(実在)
 ・宝塚義務教育学校(架空)

といった感じです


実際の名称は、

前述の
 神戸市立義務教育学校港島学園

 品川区立日野学園
 つくば市立春日学園義務教育学校
 守口市立さつき学園
などですね。

昨春に、全国で22校が開校しました。


9年をひとくくり(一貫)とし、
その中で「6年(前期)+3年(後期)」や「4年-3年-2年」などといった感じで区分けします。
8年生とか呼んだりします(8年生は、いわゆる中学2年生に相当)


新しい取り組みなので当然でしょうが、
もちろん良い効果もあれば、改善すべき課題もあるようです。


マメばなしをお伝えしました


(ちなみに昨春開校したもののうち、
 施設一体型と呼ばれるものが19校
 施設隣接型と呼ばれるものが3校でした)

タグ

2017年2月28日

学習塾UGI塾長 (18:12)

カテゴリ:塾長ブログ

国公立前期試験終了

おつかれさまでした

前期試験、終わりました。

結果発表まで1週間以上あります。

 中期・後期にむけてまだ気が抜けないひと

 結果如何にかかわらず、試験日程は終了のひと

ひとそれぞれです。

果報は寝て待て

1完2半、できてないかなぁ

タグ

, ,

2017年2月27日

学習塾UGI塾長 (08:21)

カテゴリ:大学受験

化学の勉強方法 必見

高校2年生の生徒から、化学の勉強方法についての質問がありました

門外不出の
お勧めの方法をお伝えします

用意するもの
 ●ルーズリーフ
 ・筆記用具(黒1色でもok。多くても3色以内)
 ・教材(※1)

やること
 ノートにまとめる

おすすめの時期
 学校で化学の授業が本格化したら始めてください。(受験前は避けたいです)


以上です。

 ・
 ・
 ・

すいません。門外不出でも何でもありません。基本的な、ほんまに基本的なやり方です。

しかし、注意して欲しいやり方(コツ)があります

まず
『コツ1』:ノートでは駄目です。

 ルーズリーフ、
 つまり
 後から追加できる、一枚ごとに抜き差しできるタイプでないとダメです。
 これは肝要!


そして
『コツ2』:叩き台を目指す=完成型を目指さない

 どこまでまとめたらいいんですか?
 って、なりますが
 とりあえず、自分がそれほど苦にならない量(質)でOK!
 
 高校生にとって、突き詰めれば詰めるほど終わりが見えてきません。
 「原子のかたち」は、「丸」でいいです。(球でもいいです)※2
 まずは書き留めてみましょう

 ただし、理解を放棄してはいけません。(悪い意味での丸暗記)※3


加えて
『コツ3』:隙間を多く
 びっしりと詰めて書いてはいけません。
 贅沢にスペースを使い、隙間(空きスペース)をとっておきましょう


それから
『コツ4』:テスト範囲などに合わせて、まとめてやってしまう
 (これは個人差がでるので、コツコツ型の方は守らなくてもok)

 勉強が好きな人はいいんですが、そうでない人の方が多いですよね。
 まとめて(集中して)まとめちゃいましょう。
 たとえば、「今日は電気分解を終わらせる!」など

 この際、『コツ2』をお忘れなく。精度が高すぎるものを作ってはいけません


お分かりでしょうか?


まずは、ラフでいいのでとりあえずまとめを作っちゃうのです。

そして勉強を進めていくと、例えば問題集にとりくんでいきますと、
知らない知識がでてきます。あるいは解けない問題がでてきます。
そんな時に、作成したまとめページに新しい知識を書き込んでいくのです。

勉強をしながら、知識を追加していく、理解を深めていく、そんなイメージです
(受けた定期テストそのものなんかも対象です)

初めは薄っぺらいものでも
勉強をすればするほどその「まとめ」は量も質もよくなっていきます

この過程で、化学の力がどんどんついていきます

さらに
入試前になってくると、この自作の「まとめ」が
【参考書】としてつかえるようになります。
ありがたい副産物です


自分のために作った参考書ですから
・多少の間違いがあってもok。別に人様に販売するわけではありません
また、
・自分しか読めないような汚い字でもok。自分が読めれば自分は使えます


高校2年生、高校1年生の諸君
化学のストックは裏切りませんよ

この方法をぜひ試してください

折角、このページをここまで読んでくださったのですから

※1 教科書、学校配布プリント、自分にとって読みやすい参考書(あるいは、まとめのページが豊富な問題集)、なんでも良いです。


※2 「原子のかたち」
丸じゃありません。
球でもありません。
原子核の周りを電子が球のように存在してるわけでもありません。
電子殻が何層にもなって、そこに電子がある、ともいえません
S軌道、P軌道とかでてきますが、それでも正しい「かたち」にはなりません
そもそも、「かたち」というとらえ方ではなく「モデル」といったほうがしっくりきます
ただし、特別な顕微鏡で撮影すると球?(粒?)のように見えます。

と、この例のように、突き詰めても仕方がないって思えませんか。

もちろん、学問として突き詰めたい人はぜひそうしてください!
ただし、受験勉強として取り組む人がほとんどでしょうから、
受験勉強レベルでとどめておき、大学入学後に勉強することをお勧めします。

化学だけ学んでいては、合格できませんので
(一つの分野を突き詰める楽しさは否定しませんが、万人向けの勉強方法ではありません)


【原子のかたちは、丸(まる)って考えておくと便利。だからマルい!】


※3
これは、化学が苦手な方には難しいかもしれません。
ひとにはそれぞれのゴールがありますから、難関大学や理系を目指すのでなければ
丸暗記でも仕方がないですね。実際のところは。

タグ

, , , ,

2017年2月15日

学習塾UGI塾長 (22:17)

カテゴリ:勉強法

無事に合格

先日の中学入試にて、第一志望校に無事に合格!

習い事との掛け持ちを上手にこなし、

苦手な算数にも負けず

しっかりと合格をつかみ取りました

おめでとうございます♪

その中学校での活動・生活に魅力を感じ、志望校は早々に決まっていましたね

新生活が、私も楽しみです

タグ

, ,

2017年1月17日

学習塾UGI塾長 (11:07)

カテゴリ:中学受験

明日は センター試験 と 私立中学

とんでもないお天気のようですが

いよいよ大一番。

***

2017年度センター試験の時間割

●1月14日
9:30~11:40 地歴公民 (2科目選択)
  (1科目選択)10:40~11:40

13:00~14:20 国語
15:10~16:30 外国語 筆記 『英語』など
17:10~18:10 リスニング『英語』


●1月15日
9:30~10:30  理科(基礎)
11:20~12:20  数学『数学I・数学A』など
13:40~14:40  数学『数学II・数学B』など
15:30~17:40 理科(2科目選択) 
 (1科目選択)16:40~17:40

努力してきたものを全て発揮できますように(祈)

*

*

力を発揮するためには、

「○○点取る!」「▲▲の科目は得意だから、得点源だ!!」

などの 「余計な意気込み」 を忘れ去ることです。

本番では、

一問、一問と、問題に取り組むのみ。

試験中は、自分で自分にプレッシャーをかけてはいけません。

余計な意気込みは悪いプレッシャーとなります。

*

「どうしよう、このままだと目標点数とれない!」 ⇒頭が真っ白に!!

 でも、みんな難しく感じてるかもしれませんよ(平均点が低い)

「得意科目なのに、さっぱりできない!」 ⇒焦りが焦りを呼び、ミス連発!

 そんなこともあります。合計点が重要ですよ

*

試験が始まったら、

目の前の問題を解くのみです

自分で自分を縛らないように

タグ

2017年1月13日

学習塾UGI塾長 (20:55)

カテゴリ:大学受験

このページの先頭へ