水の事故が怖い

今日も朝からいいお天気でした。

昨日に引き続いてとても暑い一日で、子どもたちでなくとも水遊びをしたくなります。

 

しかし、またしても豪雨に見舞われました。今日は3時頃から1時間ほど。よくもまぁこれだけ降るもんだと感心するぐらいの大雨でした。

 

 

さて、川面校のすぐ隣には小さな川(一後川)があります。その川が雨の影響で増水し、「濁流」の様を呈していました。

 

そこでふとタイトルのことが頭に浮かびました。

  「水の事故が怖い」

 

件の川は普段は流れがゆるやかで、近所の小学生が遊んでいる姿をたまに目にします。

今日のようないいお天気と、暑い暑い2時頃という時間帯なら、誰かが遊んでいた可能性もあります。

もし、そこへあの豪雨が襲ったら。。。。

ちなみに私は校舎内にいたため、あの雨の降り始めには全く気づきませんでした。

怖いです。

 

というわけでまずは身近な塾生への注意喚起です

 ※ 天気は急に変わり、今までは安全でも、恐ろしい危険場所になることがある。もしも川で遊ぶときは、雨が【ポツリ】とふったらすぐに川から(川岸から)離れること!!

自分の身を自分で守るためには、ほんのちょっとの注意がとっても大切ですよね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2009年8月 5日

学習塾UGI塾長 (17:31) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする




« まさに梅雨明け | ホーム | 京都大学対策即応講座 英語が終了 »

このページの先頭へ