京都大学対策即応講座 英語が終了

昨日、今日と二日間で京大対策即応講座を開講しました。

たった二日間でなにができるのか?ではなく、この二日間により、これから半年の勉強の質をあげることができる。これが即応講座のもうひとつの狙いです。

受講生は、問題の難易度とその奥にひそんでいる「なぜ解けなかったのか」に気づくことができた様子。よかったよかった。

今は十分な答案が作れなくても大丈夫。これからまだまだ伸びます。

しかし、

 

「なんとなくわからない」。「難しすぎて解けない」。

 

こんな人は要注意です。残念ながら限りなく赤信号に近いです。

なぜなら、いくら勉強をやってもゴールにたどり着ける保証がないからです。

 

自分ひとりで解けるようになるために、

「何が足りていないのか?」を自分で理解することは、実はとっても重要です。

敵を知り己を知れば‥ とはよくいったもの。

 

京都大学受験問題には難問があります。しかし、しっかりと頭をつかう勉強をやっている学生を裏切りません。

 

来週は物理・化学の講座を開催します。また受講生は頭を抱えることでしょう

 

(参考)このぐらいは教養として知っておいても損はないよ。

故曰、知彼知己者、百戦不殆。不知彼而知己、一勝一負。不知彼不知己、毎戦必殆

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2009年8月 6日

学習塾UGI塾長 (16:49) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:勉強法

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/84

コメントする




« 水の事故が怖い | ホーム | 出店 »

このページの先頭へ