大人の成績 PISAならぬPIAAC

YOMIURI ONLINEで、大人の学力調査についての記事があがっていました。

この調査はOECDがすすめているものの一つです。

OECDの学力調査といえばPISAが有名ですが、PISAは義務教育修了段階の15歳が対象。

しかしこの記事にでている調査は、対象が16歳以上65歳以下の男女で、"成人が今日の社会で求められる力"を調べるものです。名称はPIAAC (Programme for the International Assessment of Adult Competencies)

 

日本における調査実施機関は国立教育政策研究所というところで、実はPIAACは公表済みです。ですから、既にご存知の方もいらっしゃったのではないでしょうか?(本年の9月4日にパイロット調査開始の発表しています。)

 

さて、OECDの調査ですから、とうぜん「経済」との関連は欠かせません。

調査目的にも「個人の力が、本人の社会的成功にどの程度関係するか、また、国の経済的な成長など、社会全体としてどのような成果を生むかを検証すること」と書いてあります。

どんな分析結果がでるんでしょうか?

ちなみにパイロット調査の次に予備調査があり(平成22年~)、その後、本調査(平成23年)があります。

結果公表は平成25年です。

しばらく先のことですね。

なお、この調査の詳しい内容は、(http://www.nier.go.jp/)をご覧下さい。

 

※OECD 「Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構」

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2009年11月18日

学習塾UGI塾長 (21:31) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/119

コメントする




« 小論文対策 | ホーム | 小春日和 »

このページの先頭へ