小春日和

小春日和という言葉がまさにぴったりの一日でした。

 

小春日和といえば、以前、塾でその意味を生徒に問うてみたことがあります。

1.春のはじまる少し前

2.春の終わり~夏

3.秋の終わり~冬の初め

で、残念ながら正答率が3%を下回ったはずです。

 

気象庁の解説用語にも「晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天」と載っている通り、小春日和は春には使わない言葉です。

でも、言葉とは時代と共に変わるもの。このまま誤用が続いたら、ひょっとして春に使う言葉になったりして?

そうならないように、正しい(今までの)使い方をするいい機会が今日でした。

 

(参考)さつき晴れ 時代と共に変化した言葉

今では「5月の晴天」の言葉だが、本来は旧暦のさつきからきたことばで、梅雨の合間の晴れのことを指していた

 

(出典は気象庁HP)

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2009年11月23日

学習塾UGI塾長 (19:09) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/120

コメントする




« 大人の成績 PISAならぬPIAAC | ホーム | 二者面談(保護者)実施中 »

このページの先頭へ