東大合格

東京大学の文Ⅱに合格した高校3年生がいるそうです。

って、そんなの大勢いますよね。

しかし、その高校生はコンサドーレ札幌ユースの一員として高円宮杯に参加していたにもかかわらず、現役合格ですから、快挙といって過言ではないでしょう。

はい。

ご説明します。

一部のサッカー関係者にしかわからない用語は次の通りです。

コンサドーレ札幌:Jリーグ(日本のプロサッカーリーグ)チーム。札幌が本拠地です。

ユース:高校生年代のチーム。将来のプロを目指してトップ(1軍、大人)の傍らで練習です。

高円宮杯:高校生年代の全国大会。1月の高校選手権とならんでのビッグな大会。野球で言えば甲子園に近い大会です。9月から10月にかけて開催されます。詳しくはこちら http://www.jfa.or.jp/match/matches/2009/takamado_u18/index.html

 

つまり、

この高校3年生はプロを目指す集団のなかで試合に出場し、3年生の秋まで選手をつづけながら、同年度の1月のセンター試験、2月の二次試験を突破し、見事東京大学に合格したそうです。

さるサッカー関係者の方からの情報でたまたま耳にしたのですが、そうでなければまったく知らぬままでした。 

う~ん。すごい。

 

でも、全然不思議ではありません。

運動をしている"から"勉強できない。なんてことは決してありません。

指導をしているなかで、勉強も運動もどちらも頑張って成果をだしている選手(生徒)は数多くいます。

 

もちろん、勉強(学業)よりも運動のほうが得意な生徒(選手)がいることは事実です。でも、だからといって

勉強か運動か

という二者択一はちょっと???と感じます。

どっちも自分が出来る限りやればいいんです。結構できます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , , ,

2010年3月17日

学習塾UGI塾長 (23:20) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:大学受験

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする




« 京大合格者数に思う | ホーム | 谷川俊太郎さん 第1回鮎川信夫賞を受賞 »

このページの先頭へ