2010年7月アーカイブ

書いて伝える 話して伝える

書いて伝える ことと 話して伝える ことは非常に違います。

書いて教える ことと 話して教える ことも非常に違います。

 

授業は、書くも話すもどちらも利用します。

 

↓下のブログ記事ですが、残念ながらわかりにくいですね。う~ん、難しい。

タグ

, , , ,

2010年7月23日

学習塾UGI塾長 (21:47) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

P波とS波はどちらが早いか

P波とS波のどちらが早いか?授業で聞いてみました。

 

「地震がおきました。 P波とS波のどっちが はやい?」

 

全員が「P波」と答えてくれました。

P波は "はやい" イメージがありますよね。

その通り、P波はS波より"速い"のです。

 

しかし、

地震発生時には、P波もS波も【同時】に発生します。

別にP波が"早い"わけではありません。

S波と一緒に生まれます。

 

P波によるゆれが早くに起こるのは、P波が速いからですが、

発生時点ではP波もS波も同時です。

 

 

つまり、

 

P波もS波も同時に生まれるが、それぞれの速さが違うために

観測地点が揺れ始める時刻が違ってくる のです。

 

地震分野が苦手な生徒の多くは、この点が理解できていません。

 

もうひとつ苦手な生徒が整理しきれていないことは、

 

P波とS波は「波」であって「ゆれ」ではない。

「ゆれ」は"初期微動"か"主要動"。

 

ということです。

 

中学3年生の諸君、しっかり復習してますか?

2学期になってからでは遅いですよ。

 

 

(参考)

P波 primary wave

S波 secondary wave

タグ

, , , ,

学習塾UGI塾長 (21:38) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:勉強法

大雨には警戒を

今日はよく雨が降りました。

一旦やんだと思っても、しばらくすると土砂降りです。

大雨による被害が出てしまった地域もあるようです。

 

幸い、宝塚では大きな被害は出ていません。

 

しかし!

 

川幅の小さい河川はいつでも要注意です。

 

突然の大雨により、あっという間に水位が上がってしまうことがあります。

 

ですから、

●雨の日は川には(川岸には)近づかない

●急に雨が降ってきたら、すぐに川から離れる

●水位が上がってきたら、雨が降っていなくても川から離れる

ことが大切です。

 

特にこれからの暑い季節は子どもが川遊びをするケースがあります。

思わぬ事故にあわない為に、自分の身は自分で守れる知識と五感を持ちましょう。

 

 

なお、そんな集中豪雨に備えるために、兵庫県が風水害対策情報を発信しているのはご存知でしょうか?

ハザードマップや水位情報(ライブカメラも一部あり)がホームページから確認できます。

アドレスはこちら⇒http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp  ここ

 この機会に、一度チェックしてみるのも良いのではないでしょうか?

タグ

, , , ,

2010年7月14日

学習塾UGI塾長 (20:57) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

冠詞をつけるかつけないか 中学生

英語では名詞の前には冠詞をつけます。

 

でも、

This is my book.  や

He is Shinji. の場合は

book や Shinji の前に冠詞をつけません。

 

わかっている方には当たり前でも、勉強を始めたばかりの中学1年生の場合、

混乱してしまうことはよくあります。

 

そんな場合、次の様に整理します。

  a(an)がつかない場合を3つ覚えよう。

  ①ひとつでは無い場合 例:2本の鉛筆

  ②"私の(my)"や"あなたの(your)"がついている場合 例:あなたの本

  ③固有名詞(人名、地名など)の場合  例:Shinji

 

生徒の理解度によっては、さらに、

  by bus (byは~で;交通手段) の場合

  go to school の場合

  play スポーツ(soccerなど) の場合

も教えます。

 

まずはこれだけを整理させます。

 

 

冠詞とは何か

どういうルールでつけるのか

 

 

なんてことを英語を始めたばかりの中学1年生に

言葉で(日本語で)説明するよりも、

とりあえずそんなもの  と、整理させたうえで次に進んだ方が勉強しやすいと思います。

 

 

「わかっている」人から見れば簡単でも、「わからない」人にとっては大問題。

 

そんな疑問点をひとつひとつ解決して下さい

 

そして、英語が好きになって、「なんでだろう?」て思えてきたら

勉強し直すのもいいですね。

 

(補足)

イタリア語でもドイツ語でもフランス語などでも冠詞はあります。日本語にはありません。

タグ

, , , ,

2010年7月13日

学習塾UGI塾長 (20:06) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:勉強法

ストライカーを育てる

ワールドカップも残すところ決勝戦(と三位決定戦)。

オランダ、スペイン、どちらが勝っても初優勝となります。

日本も戦い抜いてラウンド16(round of 16)まで見事に進出したことは

まだ記憶に新しいと思います。

 

さて、今日は少しサッカーのお話。

河村優さんという情熱あふれるサッカー指導者がいらっしゃいます。

<参考記事> 

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201007050007-spnavi
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201007050005-spnavi

 

この方が、下のような本を出版されました。


    

 

同じサッカー指導者としてだけではなく、塾長としての私は、

河村さんの【情熱を持つと同時に冷静な分析をする】その姿勢に

非常にいい刺激を受けています。

 

ワールドカップドイツ大会でお会いする約束をしたのがお付き合いの始まりでした。

以後も仲良くご指導いただいております。

 

しかし、普段から文章を書くのがへたくそな私からすれば、本を出版するなんて思いもよりません。

 

ん?

河村さん?

ひょっとして

 

「たかはらくん、ブログの文章が拙いよ。もっと表現力磨いてね♪」というメッセージ??

タグ

読めるけど書けない

昨日の正解です

 

あずき 小豆

いなか 田舎

すもう 相撲

なだれ 雪崩

しぐれ 時雨

 

最低正解率のものは相撲でした。 二文字目がなかなか書けないようです。

次は時雨でしたね。

さすがに小豆は全員正解でした。

タグ

, , , ,

学習塾UGI塾長 (17:59) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:徒然

たなばた よみかた たなばたつめ

今日は七夕です。

「たなばた」って漢字で書けるか塾生に確認してみたところ、忘れていた生徒もいました!困ったものです。

 

さて、なぜ「七夕」が「たなばた」なのか?(「たなばた」が「七夕」なのか?)

これは、たなばたつめ(棚機女)から生まれた言葉(漢字)のようです。

たなばたつめ とは何なのか?

私も聞きかじりの知識ですが、 
どうやら禊や収穫祈願の行事(お祭り?)に際に、水辺に作った棚(神聖な棚)で
機織をする女性(巫女)のこと のようです。

この行事が7月7日に行われていたので、
七夕 は 七月七日の夕方です。

また、有名な牽牛と織女が年に一度出会えるという中国の伝説と交わった話でもあるようです。

 

なにやら「ようです」との文末が多い記事になってしまいました。
語源というのはなかなか断定するのが難しいのでご容赦下さい。
(不正確なもんで生徒にはまだ伝えてません。勉強不足でごめんね)


では最後にちょっとクイズを。
こちらは生徒にやらせてみました。

七夕のように、書くのが(読むのが)ちょっと難しい漢字たちです

あずき
いなか
すもう
なだれ
しぐれ

正解は明日。

タグ

, , , ,

2010年7月 7日

学習塾UGI塾長 (19:41) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:徒然

このページの先頭へ