冠詞をつけるかつけないか 中学生

英語では名詞の前には冠詞をつけます。

 

でも、

This is my book.  や

He is Shinji. の場合は

book や Shinji の前に冠詞をつけません。

 

わかっている方には当たり前でも、勉強を始めたばかりの中学1年生の場合、

混乱してしまうことはよくあります。

 

そんな場合、次の様に整理します。

  a(an)がつかない場合を3つ覚えよう。

  ①ひとつでは無い場合 例:2本の鉛筆

  ②"私の(my)"や"あなたの(your)"がついている場合 例:あなたの本

  ③固有名詞(人名、地名など)の場合  例:Shinji

 

生徒の理解度によっては、さらに、

  by bus (byは~で;交通手段) の場合

  go to school の場合

  play スポーツ(soccerなど) の場合

も教えます。

 

まずはこれだけを整理させます。

 

 

冠詞とは何か

どういうルールでつけるのか

 

 

なんてことを英語を始めたばかりの中学1年生に

言葉で(日本語で)説明するよりも、

とりあえずそんなもの  と、整理させたうえで次に進んだ方が勉強しやすいと思います。

 

 

「わかっている」人から見れば簡単でも、「わからない」人にとっては大問題。

 

そんな疑問点をひとつひとつ解決して下さい

 

そして、英語が好きになって、「なんでだろう?」て思えてきたら

勉強し直すのもいいですね。

 

(補足)

イタリア語でもドイツ語でもフランス語などでも冠詞はあります。日本語にはありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2010年7月13日

学習塾UGI塾長 (20:06) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:勉強法

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/158

コメントする




« ストライカーを育てる | ホーム | 大雨には警戒を »

このページの先頭へ