2011年2月アーカイブ

逃げる二月

京大入試における問題漏洩については

非常に気になっております。

 

 

それはさておき、

 

ふと気づけば明日から3月です。

 

 

3月も去っていくのでしょうね

タグ

, , , ,

2011年2月28日

学習塾UGI塾長 (23:07) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:徒然

国公立大学2次試験 前期

今日から国公立大学の2次試験が始まりました

 

国公立大学は私立大学と違い、国公立同士での併願受験がとてもしにくいです。

たいていの場合、前期に受験する大学が第一志望校になります。

 

また、併願がしにくいということは、倍率の意味合いも私立大学と大きくことなります。

 

今回は倍率のお話です。

 

国公立大学前期日程の倍率(募集人員に対する志願数)は3倍強でした。

 

一方、私立大学、例えば同志社大学の法学部の場合、

募集人員459名に対して、志願者数は4446名(うち、受験者は4308名)。

 

これだと、倍率は10倍弱となってしまします。

 

しかし、合格者数は1848名なんです。募集人員の459名ではありません。

 

ここから倍率を考えますと、 4308÷1848=2.3 で

2.3倍。

これを実質倍率(受験者数÷合格者数)といいます。

 

なぜ、1848名も合格させるのかといいますと、

それは、私大の場合は

・第一志望の方とそうでない方が混在している

ことが原因です。

 

このように、国公立大学は私大受験とはちょっと違います。

 

※注意 決して同志社大学が「合格しやすい」というわけではありません。しっかり勉強しないと合格できませんよ。

 

ちなみに各国公立大学前期日程の倍率は次の通り

京都大学 2.9倍

大阪大学 2.9倍

神戸大学 3.6倍

大阪市立大学 3.3倍

 

注意!! 当然ですが、大学選びは倍率でするものではありません。今回の記事は、あくまで参考です。

タグ

, , , , ,

2011年2月25日

学習塾UGI塾長 (21:17) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:大学受験

合格発表

昨日は兵庫県公立高校推薦入試、特色選抜の合格発表日でした。

次々に届く合格の報ですが、
その伝達手段もさまざま。

一番残念なのが「ひと伝え」です。
一番嬉しいのが「顔を見せての報告」です。


でも、直接顔を見せるために夜まで連絡がないのも
気になってしかたがありません

 

勝手ですね。


でも、待ってる身ってそんなもんかな。


閑話休題
大切なことは、高校合格はあくまで「通過点」であること

合格するために勉強したのではなく、
その高校で3年間を過ごしたいから、入試という「門」に挑戦したはずです。

合格を喜ぶことは非常にいいことです

しかし、それだけではいけません

一夜あけて、気分はどうかな?
新しいステージに向けてやる気に満ち溢れているかな?


良い一歩を踏み出して欲しいものです


さて、まだ受験は続きます

これから「門」に挑む方も数日後(数週間後)には
同じ状況になるでしょう。

 

春はもうすくそこです。

タグ

, , , ,

2011年2月19日

学習塾UGI塾長 (08:06) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:高校受験

平成23年度センター試験(本試験)平均点は次の通りでした。

(大学入試センター発表)

 

国語  111.29  (200点) 

世界史A  48.42 

世界史B 61.46

日本史A 52.01

日本史B 64.11

地理A 52.58

地理B  66.4

現代社会 61.76

倫理 69.42

政治・経済 58.97

数学Ⅰ 44.14

数学Ⅰ・数学A 65.95

数学Ⅱ 31.73

数学Ⅱ・数学B 52.46

理科総合B 54.58

生物Ⅰ 63.36

理科総合A 55.63

化学Ⅰ 56.57

物理Ⅰ 64.08

地学Ⅰ 64.3 

 英語 122.78 (200点)

 【リスニング】 英語  25.17 (50点)

タグ

, ,

2011年2月 3日

学習塾UGI塾長 (21:57) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:大学受験

このページの先頭へ