国公立大学2次試験 前期

今日から国公立大学の2次試験が始まりました

 

国公立大学は私立大学と違い、国公立同士での併願受験がとてもしにくいです。

たいていの場合、前期に受験する大学が第一志望校になります。

 

また、併願がしにくいということは、倍率の意味合いも私立大学と大きくことなります。

 

今回は倍率のお話です。

 

国公立大学前期日程の倍率(募集人員に対する志願数)は3倍強でした。

 

一方、私立大学、例えば同志社大学の法学部の場合、

募集人員459名に対して、志願者数は4446名(うち、受験者は4308名)。

 

これだと、倍率は10倍弱となってしまします。

 

しかし、合格者数は1848名なんです。募集人員の459名ではありません。

 

ここから倍率を考えますと、 4308÷1848=2.3 で

2.3倍。

これを実質倍率(受験者数÷合格者数)といいます。

 

なぜ、1848名も合格させるのかといいますと、

それは、私大の場合は

・第一志望の方とそうでない方が混在している

ことが原因です。

 

このように、国公立大学は私大受験とはちょっと違います。

 

※注意 決して同志社大学が「合格しやすい」というわけではありません。しっかり勉強しないと合格できませんよ。

 

ちなみに各国公立大学前期日程の倍率は次の通り

京都大学 2.9倍

大阪大学 2.9倍

神戸大学 3.6倍

大阪市立大学 3.3倍

 

注意!! 当然ですが、大学選びは倍率でするものではありません。今回の記事は、あくまで参考です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , , ,

2011年2月25日

学習塾UGI塾長 (21:17) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:大学受験

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/187

コメントする




« 合格発表 | ホーム | 逃げる二月 »

このページの先頭へ