2011年3月アーカイブ

兵庫県公立高校入試 結果 定員割れ

昨日発表された兵庫県公立高校入試の結果ですが、県の教育委員会のホームページから見ることができます。

http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H23senbatu/HP/H230321zennichigokaku.pdf

 

さて、今回は 定員に対する合格者の数 いわゆる倍率についてのブログです。

 

複数志願制の学区では、各校ごとの 受検者÷定員 の実質倍率が1を下回っていても、

学区内の他の高校を受検した生徒がその定員割れした学校に合格となるケースがあるため、 合格者÷定員 で計る倍率が1を切ることはまれです。

一例として、県立伊丹高校や県立宝塚東高校がこれに当たります。

 

一方、単独選抜学区や、総合学科あるいは普通科単位制高校では、 倍率が1を切る、いわゆる定員割れとなったケースもありました。

伊丹北高校の92.5%

三田祥雲館高校の96.4%

などがそれにあたります。

 

入試制度が変わった県立西宮高校では、入試前の志願者数が定員+1名でしたが、

実際は欠席のために、定員と受検者数(志願者数)が同じ(倍率1倍)でした。

 

なお、教育委員会の用語では、

合格者数÷募集定員数×100(%) のことを、 充足率 と読んでいます。

タグ

兵庫県公立高校 合格発表

今日は兵庫県公立高校の合格発表。

受験シーズンの終了を告げる一日です。

 

思えばあわただしく日々が過ぎています。

今日はもう春分の日ですね。

 

さて、現在の宝塚学区の公立高校入試は、総合選抜が昨年度より廃止されて複数志願制となっております。

第一志望、第二志望を選べる(複数志願)ので、「どこかの公立高校」に合格することはできても、「第二志望」の学校に合格となるケースもあります。

 

 

さて、結果はどうなっているかな?

 

皆さんからの報告を楽しみに待っています

タグ

, ,

2011年3月21日

学習塾UGI塾長 (09:06) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

国立大学合格第一報

本日、今年度国立大学の合格第一号からの連絡がありました!!

 

生徒ひとりひとりの第一志望校を大切にしている当塾では、

受験校の決定は本人(と、ご家庭)の意思にゆだねております。(当然ですね)

すべての生徒が国立大学を志望するわけではないので、

希望の私立大学への合格をもって受験シーズンを2月中旬に終わらせた生徒もたくさんいます。

 

でも、国公立大学を目指す生徒は、「合格」の発表がこの時期になり、私大志望の方よりかなり「ほっ」とするのが遅くなるのです。

 

併願校として関西大学は合格していたものの、

国立大を志望していた身にとっては、嬉しさが違うはず。

 

N君 合格おめでとう

 

「ほっ」 として下さいね。

 

タグ

, , , ,

2011年3月 7日

学習塾UGI塾長 (00:03) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

京都大学入学試験 受験生逮捕

逮捕が妥当なのかどうか?

私には法律の知識が不十分だし、なにより正しい情報を知らない身であるので、そのことはこの記事では関係ありません。

 

気になるのは

 

予備校生 という表現です。(どうやら報道では「予備校生逮捕」となっているようです)

 

予備校に通っていたから不正を働いたのでしょうか?

 

当然違います。

どこの教育機関に不正を促すところがあるのでしょうか。そんなところはありません。

 

 

それから、別の視点。

もし、件の受験生が、

高校卒業後、予備校に通わず自宅学習して京大受験をしていたら?

高校に行かず、高卒認定を取得してから京大を受験していたら?

 

いったいどのような表現になっていたのでしょうか?

 

 

京都大学を受験し、その最中に不正をしたのですから、

  受験生

でいいと思うのですが。。。

 

これも私の知識不足で、報道側に表現のルールがあるのかな?

タグ

, , , , , ,

2011年3月 3日

学習塾UGI塾長 (22:10) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

このページの先頭へ