京都大学入学試験 受験生逮捕

逮捕が妥当なのかどうか?

私には法律の知識が不十分だし、なにより正しい情報を知らない身であるので、そのことはこの記事では関係ありません。

 

気になるのは

 

予備校生 という表現です。(どうやら報道では「予備校生逮捕」となっているようです)

 

予備校に通っていたから不正を働いたのでしょうか?

 

当然違います。

どこの教育機関に不正を促すところがあるのでしょうか。そんなところはありません。

 

 

それから、別の視点。

もし、件の受験生が、

高校卒業後、予備校に通わず自宅学習して京大受験をしていたら?

高校に行かず、高卒認定を取得してから京大を受験していたら?

 

いったいどのような表現になっていたのでしょうか?

 

 

京都大学を受験し、その最中に不正をしたのですから、

  受験生

でいいと思うのですが。。。

 

これも私の知識不足で、報道側に表現のルールがあるのかな?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , , , ,

2011年3月 3日

学習塾UGI塾長 (22:10) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/189

コメントする




« 逃げる二月 | ホーム | 国立大学合格第一報 »

このページの先頭へ