タメをつくる

ゴルフのスイングの話ではありません

 

サッカーの話でもありません。

 

学習指導上のスキルです。

 

タメを作る とは、

生徒に解説をした後、「生徒が頭を使って考えている時間」を大切にすることです。

 

こちらの解説を生徒自身で整理し、問題にあてはめて疑問を解決する。あるいは"やはりまだよくわからなかった"という状態を確認する。

そのための時間を作ってあげるのです。

 

時間にして数秒のこともよくあります。1分以上とる場合もあります。

 

この時間を大切にすることが、学力向上と考える力の醸成に非常に重要です。

 

タメを作るために必要なことは、「ちょっとした我慢の気持ち」と「生徒の○を○○」ことです。

 

 

(参考 ※サッカーにおけるタメを作る、とは)

 

よくあるこの言葉の使われ方は、

味方選手がいいポジションをとるための時間を生み出すため、ボールを保持(キープ)した場合に、

「タメを作った」といいます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2011年6月 2日

学習塾UGI塾長 (20:33) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/201

コメントする




« 修学旅行のお土産 | ホーム | 皆既月食 2011年6月16日 »

このページの先頭へ