センター試験 日本史の勉強

いよいよセンター試験が迫ってきました。

さて、普段は英語と数学の授業をとっている某生徒とのやり取りをご報告

日本史のマーク式問題集に取り組んでみたものの、35問中正解が20問。

思っていたよりも"覚え切れていない"ことと、時代の整理がついていないことに動揺したのか、

「教科書をもう一度勉強した方がいいですか?」と質問してきました。

教科書を勉強するのは大切なことです

ですが、

いま、この時期に時間をかけて取り組むべきではありません。

件の生徒は、もともと「アウトプット」の力がまだ弱く、

知識の整理と一緒に問題に取り組むことが重要なポイントでした。

そんな状態で、教科書中心の勉強に移ったところで、センター当日に間に合うわけがありません。

教科書を使うなとは言いませんが、先の問題集を【正しく(有効に)】使うことを指導しました。

日本史以外にも数学やら生物やら古典やらにも時間を割く必要があります。

不安に負けそうになって、勉強のやり方がぶれてしまっては、なかなか志望校合格は勝ち得ません。

といっても、

受験勉強って、不安になったり孤独を感じたりするもんなんですけどね。

よくわかってますよ

引き続き頑張ってね

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2013年12月 6日

学習塾UGI塾長 (22:04) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-ugi.info/mt/mt-tb.cgi/249

« PISA結果発表 2012年度実施分 | ホーム | 今日も受験生は頑張る »

このページの先頭へ