国語の授業 

授業方法の一例ですが、今日はこんな感じでした。ちょっとご紹介。

問題はよくあるタイプ

*

「次の文章を読んで、後の問に答えよ」

「問 次の1~5の文について、本文の内容にあっていれば○を、違っていれば×を書きなさい」

*

ほんと、よくあるタイプ

*

1.○ 2.○ 3.× 4.× 5.○

なんて、生徒たちは解答しますよね。

*

さて、もしも先生なら、この後どう授業しますか?

*

「1.正解 2.間違い ...... 」

*

*

なんて授業してしまったらアウト!

生徒たちの「読み取る力」を伸ばすことはできません。

*

そらそうですよね。2択なんですから(○か×)、各設問ごとに正誤を言ってしまっては、考えることなく正解がわかってしまいます。

*

繰り返します

【考えることなく正解がわかってしまう】んです。

*

これは絶対に避けなくてはいけないことです。

国語は「なんとなく」解くことができる科目ではありますが、

「なんとなく」だけでは勉強になりません。

*

こんな時は

「●●君、ブー。どこか違ってる」

どの選択肢が間違っているかは指摘しないのです

こうすることで

ちゃんと考えて答え直させることができます。

(ま、ちょっと考えれば当たり前のやり方ですね。

*

さて、

ここからが本題。

*

必ず「何で×なの(=本文とは違うの?」と問いかけます。

ここができていなければ、結局は「なんとなく」の領域から抜け出せません。

必ず本文中に「根拠」があるのです。

それを「読み解く」のです。

*

短い文でも、誤答させる(=判断根拠を読み取っているか確認できる)もんです。

*

例えば、

  ▼▼さんは怒っていたので~~した。

という選択肢があれば、

*

 > ▼▼さんは「怒っていた」のか?(感情・行動)

 > ~~したのは▼▼さんなのか?(動作主体)

 > 怒っていた「から」~~したのか?(因果関係)

と、短い中でも3つぐらいはチェックすることがあるものです。

***

長文になってしまいましたので

紹介はここまで。

*

授業についての注意点は他にもいくらでもありますが、

要は【考えることなく正解がわかってしまう】という状況を作らないことですね。

国語であっても

いや

国語だからこそ!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , ,

2014年4月15日

学習塾UGI塾長 (23:07)

カテゴリ:塾のできごと

« 男子1万メートル 大会新記録で優勝 | ホーム | ペンを見つけたのなら I found my pen ~英語の授業~  »

このページの先頭へ