2014年8月アーカイブ

サッカーの(スポーツの)指導と個別学習

ちょいネタです

******

本日の授業中、

生徒があるミスをしていました。

*

a=b-3の条件式を使った問題で、

a-b=3

として計算をすすめていました。(正しくは、a-b=-3です)

私が

「そこは3じゃなくて"-3"でしょ」と指摘すると

その生徒は、

さらっとその3を"-3"に書き直しました。

***

このとき、私は生徒の「目線」を確認しておりましたので、

すぐさま

「こら!」

と叱りました

**

なぜ叱ったのか、

それは、

その生徒が"a-b=3"の式を見ただけで、

つまり

元の条件式である、a=b-3を見ることなく(そこに視線を向けることなく)

"-3"と書き直したからです。

**

自分がなぜ間違えたのかを理解することなく、

先生に(あるいは解答書に)指摘されたからと間違いを直していては

決して学力はつきません。

件の生徒は、まさに「指摘されたから直した」だけでした

***

サッカーの指導では(他のスポーツでもそうでしょうが)、

選手が何を見て判断しているのかを、指導者が掴んでおく必要があります。

そのためには、「あるプレーをする前にその選手が何を見ているのか」を指導者が見ておく必要があるのです。

なんだか偉そうな書き方ですが、

ちょっとサッカーの指導をかじった人なら常識です。

*

面白いのが、そのことと今回の個別指導(学習指導)とが完全にリンクしたことです

**********

生徒が何を見ながら(=どう考えながら)問題と向き合っているのか、

選手が何を見ながら(=どう考えながら)次のプレーを選択しているのか、

どちらも対象(生徒であり、選手であり)を観察することが必要。

そんなスキルを思い出したチョイネタでした

補足)

あるいは、

「そこは3じゃないと思うよ」と声かけすると

生徒は自然と元の条件式、a=b-3を確認(目で見る)するものです。

タグ

, , ,

2014年8月18日

学習塾UGI塾長 (21:45)

カテゴリ:塾長ブログ

台風直撃

日曜日であったことが不幸中の幸いです。

宝塚では、風よりも雨の方が影響が大きそうです。

さすがにこの天気で出歩く人はいないでしょう。

「川の近くや崖の付近には決して近づいてはいけません。」といった

当たり前の感覚をちゃんと持っておきたいですね。

大きな被害が出ないことを祈っております

タグ

, ,

2014年8月10日

学習塾UGI塾長 (10:27)

カテゴリ:塾長ブログ

不思議な 天気

昨日は帰宅途中に大雨が降り、

原付だった私はずぶ濡れ。

書類や電話は無事でしたので、実害といえば体が濡れただけなんですが、

こうも天候が急変、しかも大雨、となると

本当に困ります

宝塚では花火大会が無事に開催されましたが、

主催者側は気が気ではなかったことでしょう。

さて、今日はどうでしょうか?

少しは落ちついた天気になって欲しいものです

まぁいい面もあるんですが。

何より、気温上昇をいくぶんか抑えてくれてますから。

タグ

, ,

2014年8月 7日

学習塾UGI塾長 (07:34)

カテゴリ:徒然

このページの先頭へ