サッカーの(スポーツの)指導と個別学習

ちょいネタです

******

本日の授業中、

生徒があるミスをしていました。

*

a=b-3の条件式を使った問題で、

a-b=3

として計算をすすめていました。(正しくは、a-b=-3です)

私が

「そこは3じゃなくて"-3"でしょ」と指摘すると

その生徒は、

さらっとその3を"-3"に書き直しました。

***

このとき、私は生徒の「目線」を確認しておりましたので、

すぐさま

「こら!」

と叱りました

**

なぜ叱ったのか、

それは、

その生徒が"a-b=3"の式を見ただけで、

つまり

元の条件式である、a=b-3を見ることなく(そこに視線を向けることなく)

"-3"と書き直したからです。

**

自分がなぜ間違えたのかを理解することなく、

先生に(あるいは解答書に)指摘されたからと間違いを直していては

決して学力はつきません。

件の生徒は、まさに「指摘されたから直した」だけでした

***

サッカーの指導では(他のスポーツでもそうでしょうが)、

選手が何を見て判断しているのかを、指導者が掴んでおく必要があります。

そのためには、「あるプレーをする前にその選手が何を見ているのか」を指導者が見ておく必要があるのです。

なんだか偉そうな書き方ですが、

ちょっとサッカーの指導をかじった人なら常識です。

*

面白いのが、そのことと今回の個別指導(学習指導)とが完全にリンクしたことです

**********

生徒が何を見ながら(=どう考えながら)問題と向き合っているのか、

選手が何を見ながら(=どう考えながら)次のプレーを選択しているのか、

どちらも対象(生徒であり、選手であり)を観察することが必要。

そんなスキルを思い出したチョイネタでした

補足)

あるいは、

「そこは3じゃないと思うよ」と声かけすると

生徒は自然と元の条件式、a=b-3を確認(目で見る)するものです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , ,

2014年8月18日

学習塾UGI塾長 (21:45)

カテゴリ:塾長ブログ

« 台風直撃 | ホーム | 給食のにおい »

このページの先頭へ