小中一貫教育

少し前のニュースですが、
その見出しに「神戸市立義務教育学校港島学園」とありました。


義務教育学校??

聞き馴染みありますでしょうか?

これは、
小中一貫型の学校ではあるんですが、

小学校と中学校が連携しての小中一貫ではなく、
一つの学校として9年間が設定されています。
(連携教育の小中一貫では、それぞれがひとつの学校です。それぞれに校長先生がいます)

つまり、
 ・小学校
 ・中学校
 ・義務教育学校

と、新しいくくりなんです

例えば
 ・宝塚小学校(実在)
 ・宝塚中学校(実在)
 ・宝塚義務教育学校(架空)

といった感じです


実際の名称は、

前述の
 神戸市立義務教育学校港島学園

 品川区立日野学園
 つくば市立春日学園義務教育学校
 守口市立さつき学園
などですね。

昨春に、全国で22校が開校しました。


9年をひとくくり(一貫)とし、
その中で「6年(前期)+3年(後期)」や「4年-3年-2年」などといった感じで区分けします。
8年生とか呼んだりします(8年生は、いわゆる中学2年生に相当)


新しい取り組みなので当然でしょうが、
もちろん良い効果もあれば、改善すべき課題もあるようです。


マメばなしをお伝えしました


(ちなみに昨春開校したもののうち、
 施設一体型と呼ばれるものが19校
 施設隣接型と呼ばれるものが3校でした)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年2月28日

学習塾UGI塾長 (18:12)

カテゴリ:塾長ブログ

« 国公立前期試験終了 | ホーム | ひと段落 から »

このページの先頭へ