塾長ブログの最近のブログ記事

試験前夜

言いたいことは毎年同じ

努力してきたものを全て発揮できますように(祈)

*

*

力を発揮するためには、

「○○点取る!」「▲▲の科目は得意だから、得点源だ!!」

などの 「余計な意気込み」 を忘れ去ることです。

本番では、

一問、一問と、問題に取り組むのみ。

試験中は、自分で自分にプレッシャーをかけてはいけません。

余計な意気込みは悪いプレッシャーとなります。

*

「どうしよう、このままだと目標点数とれない!」 ⇒頭が真っ白に!!

 でも、みんな難しく感じてるかもしれませんよ(平均点が低い)

「得意科目なのに、さっぱりできない!」 ⇒焦りが焦りを呼び、ミス連発!

 そんなこともあります。合計点が重要ですよ

*

試験が始まったら、

目の前の問題を解くのみです

自分で自分を縛らないように

タグ

, , ,

2018年1月12日

学習塾UGI塾長 (21:27)

カテゴリ:塾長ブログ

いよいよ12月へ

もうすぐ11月が終わります

そんな最終日の振り返り

・授業(小学生算数/高校生数学/小学生国語)

・スタッフサポート(授業内容・今後の方針)

・進路相談

・勉強の進め方相談/問題集チェック

・宿題進捗チェック

・面接対策(大学入試)

・小論文対策準備

小学4年生も

大学受験生も

それぞれに、目の前のことに一生懸命

それを

支える/引っ張ることが

私の役目

生徒全員の春を引き寄せます

タグ

2017年11月30日

学習塾UGI塾長 (22:34)

カテゴリ:塾長ブログ

第107回看護師国家試験の日程 【2018年2月18日】

先日、仕事を終えていつも通りの帰宅中、

信号待ちしていたら、突然「高原先生!」との声がかかりました。

夜も遅く暗いのに、よく私だとわかったものです。

現役の生徒さんではなく、少し前に巣立っていった元生徒でした。

気づけば、大学4回生。

いよいよ来年からは社会人となり、世のため人のため、自分のため、

その力を発揮してくれるでしょう♪

といっても、一人前になるためには、働きだしてからが勝負ですよね。

でも、学生とは違う立場になっても、奮闘してくれるはずです。

小学生時分からそんな姿を見せてくれているので、心配していません。

ん??

それよりも、まずは資格試験合格が先ですね。勉強頑張ってね。

報告を楽しみに待っています

タグ

, ,

2017年11月17日

学習塾UGI塾長 (15:15) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:塾長ブログ

小中一貫教育

少し前のニュースですが、
その見出しに「神戸市立義務教育学校港島学園」とありました。


義務教育学校??

聞き馴染みありますでしょうか?

これは、
小中一貫型の学校ではあるんですが、

小学校と中学校が連携しての小中一貫ではなく、
一つの学校として9年間が設定されています。
(連携教育の小中一貫では、それぞれがひとつの学校です。それぞれに校長先生がいます)

つまり、
 ・小学校
 ・中学校
 ・義務教育学校

と、新しいくくりなんです

例えば
 ・宝塚小学校(実在)
 ・宝塚中学校(実在)
 ・宝塚義務教育学校(架空)

といった感じです


実際の名称は、

前述の
 神戸市立義務教育学校港島学園

 品川区立日野学園
 つくば市立春日学園義務教育学校
 守口市立さつき学園
などですね。

昨春に、全国で22校が開校しました。


9年をひとくくり(一貫)とし、
その中で「6年(前期)+3年(後期)」や「4年-3年-2年」などといった感じで区分けします。
8年生とか呼んだりします(8年生は、いわゆる中学2年生に相当)


新しい取り組みなので当然でしょうが、
もちろん良い効果もあれば、改善すべき課題もあるようです。


マメばなしをお伝えしました


(ちなみに昨春開校したもののうち、
 施設一体型と呼ばれるものが19校
 施設隣接型と呼ばれるものが3校でした)

タグ

2017年2月28日

学習塾UGI塾長 (18:12)

カテゴリ:塾長ブログ

冬至ですね

一年で最も昼が短い日 冬至です

明日からは、一日一日と日が長くなっていくんですね

大学の推薦入試がひと段落して、

いよいよ一般入試のシーズンです。

中学受験・センター試験が1月の14日

ついで、

私立大学のピークを迎えます。

あわせて

高校受験(私立・公立推薦)

2月下旬は

国公立大学の前期試験

そのあとは

公立高校入試(3月12日)

長い冬をこえて、志望校合格という春をつかんでもらいます

ちなみに春分の日は3月20日ですね

タグ

, , ,

2016年12月21日

学習塾UGI塾長 (20:38)

カテゴリ:塾長ブログ

明日は 公立高校入試

さて

いよいよです。

卒業式の翌日にやってくる 兵庫県公立高校入試 (入学者選抜といいます)

みんなが、今までの努力をいかんなく発揮してくれることを信じています

タグ

,

2016年3月11日

学習塾UGI塾長 (21:26)

カテゴリ:塾長ブログ

修学旅行のおみやげ マレーシア

県立伊丹北高校の生徒さんは、先日までマレーシアへ修学旅行でした

帰国後の最初の授業に、わざわざおみやげを持ってきてくれました

141126_2213~01.jpg

食感はクッキーのよう

匂いと味はポテトチップスのよう

と、日本では食べたことのないお菓子で、おいしかったです。

最高のおみやげでした♪

ありがとう

かさばるのにわざわざ買ってきてくれて、感謝感謝です

タグ

, , , ,

2014年11月28日

学習塾UGI塾長 (07:41)

カテゴリ:塾長ブログ

不思議なキャラメル

今日、不思議なキャラメルをおすそ分けしてもらいました

141112_2136.jpg

キャラメルです

不思議でしょ

伊丹北高校のSさん、ありがとう!!

タグ

, , ,

2014年11月12日

学習塾UGI塾長 (23:19)

カテゴリ:塾長ブログ

月食を見逃す

昨日は月食観察の絶好の機会

19:30ごろに狙いを定めて、月食を見るつもりでした。

しかし、

指導に没頭するあまり

なんとその機会を逃してしまいました。。。

気づいたのは20:30ごろ

ある生徒から「先生、月食を見ましたか?」と言われたときです。

あぁ。。。。

もっとも生徒たちは

丁度、通塾時間帯だったり(先ほどの生徒はまさにこれ)

授業終了後の帰宅途中だったりと

ちゃんと観察できていたそうです。

よかった

タグ

, ,

2014年10月 9日

学習塾UGI塾長 (07:28)

カテゴリ:塾長ブログ

サッカーの(スポーツの)指導と個別学習

ちょいネタです

******

本日の授業中、

生徒があるミスをしていました。

*

a=b-3の条件式を使った問題で、

a-b=3

として計算をすすめていました。(正しくは、a-b=-3です)

私が

「そこは3じゃなくて"-3"でしょ」と指摘すると

その生徒は、

さらっとその3を"-3"に書き直しました。

***

このとき、私は生徒の「目線」を確認しておりましたので、

すぐさま

「こら!」

と叱りました

**

なぜ叱ったのか、

それは、

その生徒が"a-b=3"の式を見ただけで、

つまり

元の条件式である、a=b-3を見ることなく(そこに視線を向けることなく)

"-3"と書き直したからです。

**

自分がなぜ間違えたのかを理解することなく、

先生に(あるいは解答書に)指摘されたからと間違いを直していては

決して学力はつきません。

件の生徒は、まさに「指摘されたから直した」だけでした

***

サッカーの指導では(他のスポーツでもそうでしょうが)、

選手が何を見て判断しているのかを、指導者が掴んでおく必要があります。

そのためには、「あるプレーをする前にその選手が何を見ているのか」を指導者が見ておく必要があるのです。

なんだか偉そうな書き方ですが、

ちょっとサッカーの指導をかじった人なら常識です。

*

面白いのが、そのことと今回の個別指導(学習指導)とが完全にリンクしたことです

**********

生徒が何を見ながら(=どう考えながら)問題と向き合っているのか、

選手が何を見ながら(=どう考えながら)次のプレーを選択しているのか、

どちらも対象(生徒であり、選手であり)を観察することが必要。

そんなスキルを思い出したチョイネタでした

補足)

あるいは、

「そこは3じゃないと思うよ」と声かけすると

生徒は自然と元の条件式、a=b-3を確認(目で見る)するものです。

タグ

, , ,

2014年8月18日

学習塾UGI塾長 (21:45)

カテゴリ:塾長ブログ

このページの先頭へ